2年目のハードル

早いもので胃がんの手術をしてから2年が経過しました。
 
1週間前に術後2年目の定期検査を受け、その結果を聞きに行きました。
血液腫瘍マーカー・CT・胃カメラの精密検査です。
胃カメラ検査でポリープが見つかり病理検査に回ったので、検査結果が気になっていたところ、幸い良性腫瘍で今のところ再発も転移もないそうです。
 
2年目のハードルを越えることができホッとしました
 
良性腫瘍とはいえポリープが気になるので、3カ月毎の血液検査のほか1年毎の胃カメラ検査を6カ月毎にやっていただくことになりました。

皆さん、「健康は宝」ですよ。くれぐれもご自愛くださいね。

Photo_3

Img_0150_2

 

| | コメント (0)

暑中お見舞い

長らく投稿がおろそかになっていたことをお詫び申し上げます。 皆さんは、お元気のことと存じます。

小生も九月で術後二年目を迎え、総合検査を受ける予定です。

何とか、今年も検査のハードルを越え、日常生活で秋風を感じてみたいものです。

連日猛暑が続きます。皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。

10071812imgp0655

炎天下にもめげず咲き誇る百日紅(サルスベリ)を切り取ってみました。

Img_0123

Photo

YRP野比リサーチパーク水辺の公園にて

| | コメント (2)

夜桜

一献いかがですか?

猫の額ほどの寸庭に咲き誇るしだれ桃を観ながら、グラス片手に「酒なくて何のこの世のサクラかな」と感傷に浸っています。

術後6ヶ月目の定期診察の結果が出て、まずまずの出足に安堵しています。

腫瘍マーカーはちょっぴり高めながら、肺・肝臓・手術部位に転移は認められない旨の医師の説明。

昨年の今頃は、2度目のガンの告知を受けブルーな気持ちで、サクラを愛でる余裕すらありませんでした。

ドクターとの二人三脚は、まだまだ続きますが、今宵の酒は、実に上手い❗

Photo

29

Photo

| | コメント (2)

Happy New Year

Happy New Year

 

昨年はこれまでの人生でおそらく一番辛い年だったように思います

最初のガン発覚から2年の間に3回の手術

辛く悲しく  出口の見えない暗いトンネルをさまよっているような息苦しい日々が続きました

 

人生65年 こんなに頑張ってるのに  何で更に辛い思いをしなくてはいけないのか

くじけそうでした もう頑張るのをやめようかとよぎったこともありました

でも いつも応援して支えてくれる皆さんの存在があり その力を借りて 前向きに年を越すことができました

 

今年は酉年 皆さまにとって「幸せいっぱい フクいっぱい」の一年になりますようにお祈りします

 

今年もよろしくお願いね

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8 鎌倉フクロウの森

| | コメント (0)

二人三脚

暦の上では立冬も過ぎ、更には木枯らし1号も吹き、つかの間の秋も幕を閉じつつありますね。
 
皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか?
 
遅まきながら、術後1か月を経過し病理検査結果のご報告です。
 
がんの進行の程度を「ステージ」といいますが、大まかに分けるとⅠからⅣまで4段階あります。
 
ステージを分ける基準としては三つあって、一つ目は、がんが胃の壁のどこまで深く浸潤しているか(深達度)、二つ目はリンパ節に転移しているか、そして三つ目は、他の臓器に転移しているかで、これらの組み合わせでステージが決まります。
 
幸い私の進行の程度は、がんがギリギリ粘膜下層に留まっているステージⅠだそうです。
 
今後5年間は、「医師と二人三脚で再発の早期発見などに努める」定期健診を行っていくことになりました。
 
日々寒さが増して来ます、風をひかないよう、くれぐれもご自愛くださいね。
 

Dsc_0021

 

退院後1か月、回復も順調ですので、軽スポーツを再開しました(浦賀ドック)

_20161115_065721 映画「喜びも悲しみも幾年月」のロケ地観音崎公園

| | コメント (2)

三度目の正直

この度は皆さんに心配をお掛けしましたが、今日退院することができました。
振り返れば、昨年1月ガン発覚、昨年・本年と2年続けての内視鏡手術、そして「三度目の正直」根治に向けての外科手術とガンに振り回された年月でした。
病を受け入れガンと共存しようというポジティブな気持ちの反面、度々気分がめいる状態に襲われたことも事実です。
今後の予定は、切除した胃やリンパ節の病理検査待ちです。
結果は1か月ほど先の外来で分かりますが、結果によっては再発予防のために抗がん剤治療を受けることになるそうです。
取り越し苦労は無用、今日は晴れて退院。
 
皆様の温かい激励、心中よりお礼申し上げます。
 
1475891121234.jpg

| | コメント (2)

さよなら胃袋くん

夏の疲れが出やすい時節、皆様におかれましては、くれぐれも体調を崩さないようご自愛の上、爽やかな秋を満喫されますことをお祈り申し上げます。

ところで、小生はいよいよ「まな板の鯉」状態となりました。

【個室】
小生の入院生活は、還暦を迎えてから、今回を含め4回目です。

入院に際しては、いずれも個室を選択しております。

やっぱり個室の方が楽でしょう。

テレビも見たい時に見れて、来訪者とも気兼ねなく面会をすることができますし、よりプライバシーも保たれますしね。

今回の個室は、ちょっと奮発して1泊二万一千円也です。
懐石料理&露天風呂付きかもね?(笑)

1474795594864.jpg

【手術内容】
主治医(年齢30代後半、イケメンの医師)から手術内容及び予想される合併症の説明を受けました。

手術は、痛みが少なく傷が目立たない、患者にとってメリットの多い腹腔鏡切除術で、胃の噴門側二分の一と胆嚢を切り取る旨の説明でした。

ただし、開腹手術に比べて時間を要し、優れた技術を必要とする術式であることも理解しました。

手術は、明日(26日)午前8時30分から執り行われます。

1474795605095.jpg

【最後?の晩餐】
完全な胃袋での晩餐は今夜限り。永年付き合った胃袋くんの最後の晩餐が病院食とは・・胃袋くんゴメンね。
1474795613065.jpg


| | コメント (3)

BMI

台風10号の大雨は、関東地方への上陸は免れたものの、グループホームの高齢者が亡くなるなど東北と北海道に深い爪痕を残しました。
 
まずは、被害に遭われ今も困難に直面している方々へ 心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々へ深く哀悼の意を表します。
 
ところで、私の術前検査も一通り終わり、先日ドクターからレクチャーがありました。
「胃の噴門部を含めて上部半分を切除する。手術は9月末か10月上旬を予定しているが、入院は一週間前に連絡する。手術は腹腔鏡手術を予定しているが、場合によっては開腹手術も有り得る。体格が良いので・・・」と含みのある説明でありました。
 
腹腔鏡手術で要する時間は、内臓脂肪、皮下脂肪によっても左右されることは承知しています。
 
そこで、開腹手術を避けるため少しでもBMIを下げようと、水中ウォーキング、サイクリングetc.に励んでいる、今日この頃です。

Dsc_0009_3

かながわの景勝  秋山の立石 【ダイエット・ダイエットと言いながら、葉山では裕次郎コロッケこと葉山コロッケを買い求めてパクリ。】

| | コメント (4)

愛車

ときにはクヨクヨしちゃって、一歩前に出る気力がなくなったりする今日この頃。

そんな心境の中、リオデジャネイロで開催されている、ニッポン選手団の頑張りに勇気づけらています。

自分の限界を超えトライするアスリートの姿に感動。

「踏ん張れ、頑張れ、負けるもんか、止まれば倒れるこの愛車・・」自身に気合を入れ海風を肌で感じています。

 

Photo_2

Photo

入院に備え体力アップを図っています。

| | コメント (4)

胃胃日旅立ち

 
身体にこたえる寝苦しい熱帯夜が続きます。夏バテなどされていませんか?
 
ところでセカンドオピニオン(国立がん研究センター中央病院)の結果説明に行ってきました。
 
結果は、悪性度の高い低分化腺がん(大きさ2.5ミリ、深さ0.6ミリ)で、粘膜下層まで入り込んでいるため、更なる外科手術が必要だそうです。
 
医師のアドバイスは「再発リスク10~15‰を抱えて残りの人生を歩むか、手術を選択して再発リスクから解放されるか?」でした。
 
もちろん外科手術を選択することにしました。
 
早速入院に向け体力アップを図ろうと、スポーツタイプの電動アシスト自転車を購入しました。
 
皆さん、どうかお体大切に・・夏を満喫してくださいね。

Imgp0002_3

二人に一人がガンを抱えると言われます。ガンとの共存「胃胃日旅立ち」前向きに乗り越えます。(笑)

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧